産後の骨盤と腰痛...|日進市 交通事故治療・肩こり・腰痛・ダイエット・猫背・産後の骨盤矯正

むち打ち症、交通事故後の後遺症、産後の骨盤矯正などお気軽にご相談ください。

  • 日進市岩崎町新ラ田125-10 電話番号0561-72-0015

ブログ

産後の骨盤と腰痛

  • 2017年11月20日

産後、腰痛を起こしてしまう方も多いのですが・・・

ではなぜ、腰痛が起こってしまうのでしょう。

1,産後の腰痛、骨盤の歪みから
産後の腰痛、特に新生児期のママが腰痛で悩むケースが多いですね。1つは、骨盤の歪みによるものです。

出産によって開いた骨盤は、非常に歪みやすいです。

骨盤が元の状態に戻るのは、何もしなければなかなか戻ることもなく、歪んだ骨盤は腰痛を引き起こします。

産後直後1ヶ月以降6ヶ月以内の骨盤矯正が歪みや腰痛からサヨナラをするカギと言えます。


2,赤ちゃんのお世話で腰にはかなりの負担が
抱っこしたり、オムツを替えたり、授乳をしたり。

必然的に中腰が多くなり、決して楽な姿勢でできるものではありません。

寝ている赤ちゃんを抱き上げるだけでも、腰にはかなりの負担がかかります。

また赤ちゃんの成長と共に体重も増えてくると、抱っこ時の腰への負担は更に心配に。

赤ちゃんと一緒に寝て少しでも体を休めたい所ですが、赤ちゃんと一緒に寝ることで、睡眠時、姿勢を固定されてしまい、筋肉が硬くなり腰痛になりやすいのです。


3,妊娠中の過ごし方や出産の疲れが招く腰痛も
妊娠中から腰痛に悩まされていたママは、産後も引き続き腰痛と付き合う可能性が高いでしょう。

大きなお腹を支える為、どうしても反り腰になったり腰に負担をかける姿勢になりがちな妊娠期。

妊娠前や妊娠中から適度な運動をしてきたママは、筋肉が鍛えられている為骨盤の戻りも早かったり、筋肉が柔らかく疲れや凝りが取れやすいもの。

しかし、運動不足なまま出産を迎えると、筋肉が硬くなっているところに赤ちゃんのお世話や睡眠不足で、腰痛がどんどん悪化していきます。

 



  • にっしんたろう接骨院
  • 0561-72-0015