肩こりについて~|日進市 交通事故治療・肩こり・腰痛・ダイエット・猫背・産後の骨盤矯正

むち打ち症、交通事故後の後遺症、産後の骨盤矯正などお気軽にご相談ください。

  • 日進市岩崎町新ラ田125-10 電話番号0561-72-0015

ブログ

肩甲骨に「アレ」を張ると肩こりや風邪に効きます!

  • 2017年10月10日

季節の変わり目のせいか風邪をひく人が増えています。

ある患者様も来院された時、あきらかに調子が悪そうでした。

聞くとやはり風邪をひいてしまったとの事。

そこでタロウ院長の秘密の特効方法を伝授しました。

それは・・・肩甲骨の間にカイロを張るのです。

特に寒気がする感じの時は効果てきめん。

ここには「風門」という経絡もあり、お灸とかする場所でもあります。

またここを温めることにより肩甲骨間の筋肉が緩まり、肩こりも連鎖的に緩んできます。

もちろん今後、寒くなってきたときに外出する際張るのも効果的ですよ☆

 

是非一度、お試しください。

 

 

 

 


気圧と肩こり

  • 2017年09月03日

前回は「湿度」と肩こりの関係を書きましたが、今回は「気圧」との関係を書こうと思います。

よく雨降る前や台風が発生すると肩や首が重くなる人を聞きます。

それらは低気圧が引き起こしてるのではないかと思われます。

 

低気圧になり、体へかかる圧力が下がります。しかし、身体は圧力を押し返す力は変わらないのです。
すると、体が膨張してしまうのです。外からの圧力が減るわけですから。
そうすると身体の中にある、リンパや血管への圧力が低下します。
 それは血行やリンパの流れが悪くなることとイコールなのです。

人は普段、自身の身体の内圧でポンプみたいに体中に血液やリンパを送っています。

その内圧が下がるわけですから、流れが悪くなってしまうのですね。

その結果肩こりだけでなく身体のダルさなども発生する訳ですね。

こういったメカニズムになっています。

 

こういうときの解決方法は「すすんで身体を動かす」ことです。

筋肉の動きにより血液・リンパの流れは良くなるので、身体が低気圧に影響を受けにくくなるわけですね。


湿度と肩こり

  • 2017年08月31日

先日「夏になると肩がだるくなるんです」そう仰られた患者さんがみえました。

前回記載した、まさに「夏と肩こりの関係」ですね。

しかし、まだまだこの「夏」と「肩こり」、関係がありそうな気が・・・

 

そこで今度は「湿度」にスポットライトを当ててみました。

 

6月下旬から夏にかけて湿度は高いですよね。

湿度が高くなると、ベタっとした不快な汗をかくのですが、それにより汗が出にくい状態になってしまいます。

汗が正常に体外に排出されないことで、体内の水分の循環がうまくいかなくなり、血流も悪くなってしまいます。

そうすると筋肉が硬くなってしまい、肩に重ダルさを感じてしまうのです

 

熱中症もこれに近いニュアンスですよね。

身体に熱がこもり発症・・・ですからね。

 

対策としては汗をしっかり拭く、こまめにシャワーなどで汗を流す。

そしてちゃんと水分&ミネラルの補充も忘れずに。

あと一か月ほど熱い日は続くと思われますが、頑張っていきましょう!

 

 

 

 


夏の暑さと肩こり

  • 2017年08月22日

暑さと肩こり、何か関係ある?

意外に夏に肩こりが悪化する方は多いようです。

ではなぜそうなるかと言うと・・・その原因は「自律神経の乱れ」です。

血管の拡張にも関わっている自立神経の働きが乱れると、

血行不良→筋肉の硬直→老廃物が溜まる→痛みを感じる・・・という悪循環を招きます。

 

 

自律神経はどんな要因で乱れてしまうのか、見ていきましょう。

 

・体温調整の乱れ

外に出ると30℃を越える暑さに加え、照りつける日差し。

夜になっても涼しくなることが無く、身体からは大量の汗。

さらに室内は冷房でキンキンに冷えた状態。

この温度差で体温調整がうまくいかなくなる人も多いです。

 

・栄養不足

夏場の暑い時期ですと自然と食欲もなくなってきます。

暑さに負けずにしっかり食事を摂る事が重要です。

 

・運動不足

暑いと外に出るのも億劫になります。

エアコンの効いた涼しい部屋で1日過ごしたいものです。

そういった運動不足が血行不良の原因となり、肩こりを誘発する原因になります。

 

こうしてみると夏は体の自律神経のバランスが崩れる要因が多いですね。

・クーラーで冷やしすぎない

・食事(栄養)をしっかり取る

・暑くても軽くは運動する

 

この様な事に気をつけて生活をして頂けたらと思います。


夏でも身体は固まります!(肩の場合)

  • 2017年08月02日

夏は冬に比べて、当たり前ですが暖かいですよね。

なので、冬より夏の方が筋肉が冷えない分、肩こり・首コリ、それに伴う頭痛・・・
それらが少ないと思っていませんか??

実は・・・そんなことはないのです!!
夏でも、筋肉が固くなってしまうほどの「冷え」を身体に受けてしまうことがあるのです。

勘のいい人はわかりますよね?そう、「クーラー」です。
クーラーの冷風のせいで肩首が冷えて固まってしまうのです。

と言っても、真冬ほどではないんじゃない?
そう思っている方も多いかも知れませんが、そんなことはありません。

理由は二つ
1,汗をかいた後などに冷やすとそのまま汗が冷えて、必要以上に冷却してしまう。
2,事務職の方など、職場で冷房の当たる位置に固定されてしまう。
などが挙げられます。

汗で濡れたシャツなどが一気に冷房で冷やされると、それはもうかなりの冷えシャツが出来上がり、身体を固めてしまいます。
また職場で何時間も冷房にさらされてしまうと、もはや真冬以上に体が冷えてしまうことも。

この様な事で、真夏でも身体を冷やしてしまい首肩を痛めてしまう人も多くいます。
汗をかいたら涼む前に着替え、職場で冷房直撃であれば違和感ありますが、カーディガンを羽織るなどして身体を冷やさないようにしましょう。



  • にっしんたろう接骨院
  • 0561-72-0015