腰痛について|日進市 交通事故治療・肩こり・腰痛・ダイエット・猫背・産後の骨盤矯正

むち打ち症、交通事故後の後遺症、産後の骨盤矯正などお気軽にご相談ください。

  • 日進市岩崎町新ラ田125-10 電話番号0561-72-0015

ブログ

冷えと腰痛

  • 2017年10月27日

朝夕が寒くなってきました。

寒いと身体が固くなってしまいますよね。

しかも長い時間、同じ姿勢のままでいるとさらに血行がわるくなって体が冷え、痛みが生じます。
たとえば、デスクワークなど座りっぱなしで過ごしていると腰が冷えて血流が悪くなり、痛みが生じてしまうのです。

基本的に腰痛は、筋肉の衰え・冷え・疲労によって引き起こされます。
なので腰痛には、患部を温めて血流を促すといいです。

ただし、ぎっくり腰や打ち身、ねんざなどによる急性の腰痛の場合は、温めると悪化してしまう可能性があります。
その場合は、最初の2~3日ほどは患部を冷湿布で冷やして炎症を抑えます。
体を温める入浴も避けましょう。

冷えからくる腰痛は、幹部を冷やさないように腹巻などで温めることが一番。
また、貼るカイロなども活用。

腰を温めると、筋肉が緩み、血流が良くなり効果的です。
また、長時間同じ姿勢でいる人は、ストレッチをし血流を促すと、腰痛の予防になります。

加齢による腰痛は、腰から下の下半身の筋肉の衰えによる血行不良からも原因が考えられます。
 筋力を維持するためにも、ウォーキング等無理のない運動を定期的に行って筋肉を動かし、血液の循環を促しましょう。

壁に手を付きながらのスクワットなどもお勧めです。

またこれからの時期はシャワーなどではなく入浴で体を芯まで温めるのもおススメです。


湿度・気圧と腰痛

  • 2017年09月07日

腰痛ももちろん肩こりと同様、「湿度」や「気圧」の影響を受けます。

・湿度が高くなると、それにより汗が出にくい状態になってしまい、汗が正常に体外に排出されないことで、体内の水分の循環がうまくいかなくなり、血流も悪くなってしまう。

このことと

・低気圧になり、体へかかる圧力が下がり体が膨張してしまう。                       外からの圧力が減るわけですから、そうすると身体の中にある、リンパや血管への圧力が低下する。

これらが起こり一言で言うと「むくみ」が発生するのですね。

それが怠さや疼痛の原因のなる、と言う訳です。

関節や筋肉にむくみが生じれば、当然、動かす事は難しくなっていくわけですからね。

 

 


夏でも身体は固まります(腰)

  • 2017年08月04日

前回、「夏でも肩は固まります」とお伝えしましたが・・・

そうです、肩だけではありません。

腰も固まるのです。

むしろ肩よりも腰の方がある意味、大変な目にあいます。

なぜかと言うと・・・ぎっくり腰も最悪、起こるかもしれないのです。

 

季節別にぎっくり腰の発生数の統計を取ると、第一位はご想像通り「冬」です。

寒いし、筋肉・関節などが固まってしまうからですね。

「夏」は冬に次ぐ第二位なんです。

春や秋に比べて暖かいのになんで・・・と言うのは、もうお分かりですよね?

そう、前回お話した「クーラー」です。

もともと慢性的に腰が固い人は、冷房に冷やされることによって更に固くなり、その後の行動次第では、ギクッっといってしまうのです。

冷房つけて夜寝られる方も、全身冷えるので同様ですよね。

 

普段から腰痛を持つかた、患部を極力冷やさない様、気をつけて下さいね☆



  • にっしんたろう接骨院
  • 0561-72-0015